タイでも使われるヘルペスの腫れに効くバルトレックス

腫れを抑えるバルトレックスの服用方法として最も重要なのは、症状が起きて早い段階で服用するということです。
実際にバルトレックスを使用し腫れなどを症状を改善した方々が声を揃えて言うことでもあります。
ヘルペスというのは、一度腫れの症状が現れると症状が治まった場合でもウイルスが神経節に残るため完治するのが困難です。
そのため、一度発症してしまうと非常に再発する可能性が高いと言えます。
再発の時に見られる症状は皮膚に違和感を覚えたり発疹が確認でき、痛みや痒みを伴います。
経験した方は、疲労やストレスを感じ始めた際に症状が起きそうということがわかるようになります。
そのような予兆を感じた場合はバルトレックスを飲むようにしてください。
すぐに服用することでウイルスの増殖を抑えられるため症状を最小限にすることができるので早く治癒させられます。
日本で利用者の多いバルトレックスは、タイにおいても人気が高いです。
タイでもヘルペスの症状が出たと薬局に相談に行くとバルトレックスを処方してもらえるほどです。
具体的な飲み方としては、1回につき1錠を1日に2回飲むという方法です。
タイミングは朝食後と夕食後もしくは就寝前です。
そして、食前と食後のどちらにおいても効果があるものの胃における消化と吸収のことを考慮した場合、できるだけ食後に飲むほうが好ましいです。
通常、バルトレックスは5日分を処方されるということが一般的です。
しかし、5日間経っていないのにも関わらず自己判断で飲むことをやめてしまうというのは避けてください。
その理由は3日目ではウイルスが活動状態にあるためです。
5日間飲み続けることで70%以上の確立で増殖を止められるため必ず5日間服用しましょう。

ページトップへ