性器感染症を放置しない・バルトレックスの効果

性器感染症のひとつに、性器ヘルペスがあります。
ヘルペスとは水ぶくれができる病気で、患部にはかゆみ、痛み、灼熱感、赤み、などを伴います。水ぶくれがかさぶたになるまでには2週間くらいかかり、かさぶたが自然に剥がれると症状がおさまります。
性器感染症のヘルペスは、放置しておくと危険な病気です。自身の症状が悪化する危険もありますが、知らないうちに周囲に感染を広げてしまう危険性もあります。
もし性器感染症の疑いがある場合には、放置せずに速やかに性病検査を受けることが大切です。
自分が性器ヘルペスに感染している場合には、パートにも検査を受けてもらったほうが安心です。症状が出ないうちは正確な診断が難しいですが、血液中に特異的抗体がいないかどうかを調べることによって、症状がない時でもウィルスの有無を診断できる可能性があります。性器ヘルペスの再発原因になるのは、単純ヘルペスウィルス2型(HVS-2)です。
ただし、症状が出ていない時には、病院で検査を受けると健康保険が使えません。費用がかかってしまうというデメリットはありますが、放置して周囲に感染を広げてしまう前に検査を受けて適切な治療を受けておいたほうが良いでしょう。
治療には、抗ヘルペスウィルス薬のバルトレックスという薬がしばしば使われます。バルトレックスはウィルスの増殖を防ぐ働きがあります。
ヘルペスウィルスは一度感染してしまうと、神経細胞に潜んで完全に除去することができなくなってしまいます。つまり、完治は望めないということです。
しかし、バルトレックスを使えば再発の回数を抑えることができるので、QOL(生活の質)の向上が望めます。心配がある時には放置せずに早めに医療機関を受診しましょう。

ページトップへ